【海老名市の農家直売所】新鮮果物は「鈴木農園」へ!柑橘は完全無農薬のこだわり<直売マルシェも>

シェアする

発展めざましい海老名駅周辺で、原風景の里山を守りながら果物や野菜を生産し直売しているのが望地にある「鈴木農園」。知る人ぞ知るとっておきのスポットにメディア初潜入!おいしい果物や野菜に目がない記者が、そのこだわりを取材しました♪

見晴らしの良い目久尻川沿いの里山

 海老名駅から相模国分寺を抜けて東に歩くこと20分(約1.5km)。近くには目久尻川が流れ、日差しがさんさんと降り注ぐ開放的な場所に鈴木農園はあります。

みかん、オレンジ、栗、柿などさまざまな果樹がある

晴れた日には高層マンション群のほか、丹沢の山々まで一望できる見晴らしのよさ。都会の風景から一変、ゆっくりとした時間が流れています。

新鮮!ジューシー!甘い!柑橘を生産

 農園ではさまざまな種類の柑橘類を生産しています。生産者の鈴木信一さんから「まずは食べてみてよ」と言われ「はるみオレンジ」を味見。

ひと房ぱくり…「すごく甘酸っぱくて、味が濃い!!」

新鮮なことが一目でわかるつやつやとした果実をいただくと、甘い果汁が口のなかにあふれてきました。この新鮮さ、ジューシーさは農家直売のもぎたてならではですね。

 生産者の鈴木信一さんは、定年退職をきっかけに農園を始めました。宅地開発が進む中で、目久尻川両岸に当たり前にあった里山の風景を守りながら、園内では果樹のほか元来の樹木の手入れも行っています。

  • 柑橘類は完全無農薬。野菜類も減農薬にこだわって生産しています。「安心・安全」が鈴木農園のモットーです。

地元名物・鈴木農園の「干し柿」

鈴木農園では柿も生産しています。名物は、地域に伝わる風習を伝えるために昔ながらの製法で作り続けている「干し柿」

  • 手むきしたものを熱湯にくぐらせ、納屋でじっくり自然の力で干しあげます贈答品として人気が高く、完成後にはあっという間になくなってしまうそうです。

どこで買える?直売マルシェ、海老名市各地のイベントにも出店

 鈴木農園では、定期的にマルシェを開催とりたて、もぎたての果物や野菜を購入できます。また鈴木さんの自宅でも、季節ごとに収穫物を販売しているので、気軽に立ち寄ってみてください。気さくな鈴木さんから、おいしい食べ方を聞けるのも楽しみの一つです。

マルシェの様子。見晴らしのよい農園内で食べることもできます。

 鈴木さんは自治会長や農業委員など地域の要職を務め、海老名駅西口の開発にもかかわるなどまちづくりへの思いは人一倍。「海老名を盛り上げたい!」との思いから、市内のイベントに出店し、海老名の魅力を発信し続けています。

 また30年ぶりに改正された生産緑地法によって、この農園でも直売所やレストランなど6次産業化に向けて検討をしているそうです。今後の展開が楽しみです

  • 丹精を込めて生産した果物や野菜を、ぜひ一度食べてみてください。四季折々の農園の風景を以下の写真からもご覧ください。ケーキは、市内のパティスリーとコラボして毎年販売。市内の田んぼでお米づくりもしています。

住所

神奈川県海老名市望地2-20-3

問い合わせ

鈴木さん(マルシェ開催時期や、現在の販売品目についてもご連絡ください)

電話

090-4548-1237

090-4548-1237

公開日:2021-06-23

関連タグ