コロナ禍で需要増加中「お通夜なしの家族葬」について藤沢で地域密着の葬儀社「家族葬のえにし」が解説!

シェアする

大切な方を亡くした時、あなたはどのような選択をしますか―。

葬儀はこれまで、家族や友人をはじめ、会社関係者やご近所の方など、故人にご縁の合った方たちを幅広く呼び、2日間にわたって行われるのが一般的でした。

ですが、会葬者の応対に追われ「故人とゆっくりお別れする時間がとれなかった」という場合も少なくありません。

さらに新型コロナウイルス禍では、高齢の方や遠方の方が参列しにくくなってしまうことも懸念されます。

  • そこで近年、故人の親族やごく親しい友人のみに参列者を限定して小規模で行う「家族葬」の需要が高まっています

家族葬×一日葬で「より満足」

家族葬のメリットとして、

①会葬者への応対時間が少なくなるので故人に寄り添う時間が取れる
②参列者の不明瞭な部分が少ない
③会葬品や食事の手配等の負担は減る

などが挙げられます。

さらに、家族と会葬者の負担軽減と感染予防のため、家族葬をお通夜なしで一日で執り行うという選択をする方も多くいらっしゃいます。

通夜を行わず一日で執り行う「一日葬」は、

①身体的な負担軽減
②通夜の食事分の費用を抑えられる
③宿泊先の手配等、手間と費用が少なくなる
④準備の時間が取れる

というメリットがあります。

家族葬と一日葬、2つを掛け合わせることで、心身面でも費用面でも納得のいく葬儀が実現できるでしょう。

お通夜なしで大丈夫?

いざ、お通夜なしの家族葬をやるとなると「寂しくなってしまわないか」など、不安な思いも出てくると思います。

誰しも初めは抵抗がありますが、実際にお通夜なしの家族葬を行った方からは「身内だけでゆったりとした時間が過ごせた」「心身ともに負担が少なかった」「費用が抑えられた」というポジティブな意見が多く寄せられています。

いいとこ取り!業界初の新プラン「1.5日葬」

藤沢市辻堂元町の地域密着の葬儀社「家族葬のえにし」では、お通夜の代わりに「お別れ会」を実施する新プラン「1.5日葬」の提案もしています。気になる方はぜひ下記からお問い合わせください。

1.5日葬の詳細はコチラ https://enishi-hall.link/plan/

家族葬のえにしは、地元に根付いた20年以上のベテラン一級葬祭ディレクターが多数在籍。2,000件以上の場数を踏んだプロ集団です。大切な人を亡くした時「わけが分からないまま終わってしまった」とならないように経験豊富なスタッフが〝家族のように〟心に寄り添い対応します。

事前相談で割引特典も。詳細は「家族葬のえにし」ホームページをぜひご覧ください。

ホームページはこちら

住所

神奈川県藤沢市辻堂元町4-8-10

https://enishi-shonan.jp/contact/form1/
ホームページ内・お問い合わせフォームもご利用ください

電話

0120-333-907

0120-333-907

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-06-16

関連タグ