日本地名研究所「40年の歩み」展、初代所長の故・谷川氏の足跡も紹介@東海道かわさき宿交流館

シェアする

このイベントは終了しました。

研究所の歩みを紹介する展示

川崎市内で発足

 川崎市内で1981年に発足した日本地名研究所(高津区)が、40周年を記念した展示を東海道かわさき宿交流館(川崎区)で開いている。

写真や年表で紹介

 展示では同研究所の40年の歩みを写真や年表で紹介している。今年は初代所長の故・谷川健一氏の生誕100周年の年でもあり、谷川氏が初代編集長を務めたグラフィック誌『太陽』や、執筆した書籍、色紙にしたためた詩などが並ぶ。

今も川崎で続く研究

 展示にあたり、同研究所は「地名は大地の表面に描かれたあぶり出しの暗号である。とおい時代の有機物の化石のように、太古の時間の意識の結晶である。地名は大地に刻まれた人間の過去の索引である」との谷川氏が遺した言葉を紹介。同研究所の菊地恒雄事務局長は「40年前、開発による町の変化とともに、昔からの地名がなくなっていくことへの危機感から地名研究所を設立した。今なお、川崎の地で研究が続いていることをぜひ市民の皆様に知ってほしい」と話す。

『やさしい川崎の地名』上・下

 同研究所がこれまで調査した区別の地名研究資料や、小中学生向けに地域の歴史を知る読み物としてまとめられた『やさしい川崎の地名』上・下(川崎市発行/同研究所編集)は、川崎市ウェブサイト(https://www.city.kawasaki.jp/miryoku/category/73-2-4-1-9-0-0-0-0-0.html)で公開されている。

開催日

2021年5月11日(火)~2021年6月27日(日)
午前9時~午後5時
月曜休館

住所

神奈川県川崎市川崎区本町1-8-4 東海道かわさき宿交流館

公開日:2021-06-07

関連タグ