「第45回神奈川大和阿波おどり」開催に向け @LINEスタンプ販売

シェアする
スタンプとステッカーを紹介する小幡会長

 大和の夏の風物詩「神奈川大和阿波おどり」が2020年は中止。21年11月に迎える第45回開催に向け、主催者である神奈川大和阿波おどり振興協会(小幡秀造会長)は6月4日からLINEスタンプを販売した。

 商店会がはじめた阿波おどり、協会は感謝の意を込め20年5月に大和駅前10商店会約430店舗に阿波踊り協賛店と記されたステッカーを配布。しかし長引くコロナ禍で多くの店が打撃を受け、商店会の存続も危ぶまれる中、おどりどころではない。資金不足を協会で補おうとLINEスタンプの販売に至った。

 スタンプは全16種類、協会所属の16連をモチーフに市のイベントキャラクターヤマトンとハートンも描かれている。

 小幡会長は「45年続いた阿波踊りを絶やすわけにはいかない。多くの方からご協力を」と話す。

 購入はLINEスタンプショップで「kanagawayamatoawaodori」で検索を。

住所

神奈川県大和市大和南1−1−1

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-06-16

関連タグ