愛川町郷土資料館 「四季」と「野鳥」の写真展 7月11日まで

シェアする

県立あいかわ公園内にある愛川町郷土資料館で6月1日から、写真展「第8回ふるさと愛川写真展〜愛川発見私の1枚〜」と、「あいかわ公園の野鳥2021」が開催されている。期間は7月11日(日)まで。

写真で知る郷土の魅力

 ふるさと愛川写真展は、町教育委員会が主催。豊かな自然と歴史が刻まれた愛川に愛着を持ってもらおうと、町民公募された写真を展示するもの。当初は今年2月に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大による閉館で延期となり、この時期での開催となった。

 今年度のテーマは「ふるさと百景 あいかわの四季」。まばゆい新緑や鮮やかな紅葉、郷土の風景など、貴重な一瞬を切り取った作品が並ぶ。会場は同館エントランスホール。

美しい野鳥の世界

 

 あいかわ公園の野鳥2021は同館の企画展。宮ヶ瀬の大自然に囲まれた同公園には数多くの野鳥が生息している。企画展では、公園内で野鳥を観察・撮影している坂本堅五氏と八木徹氏から提供された作品を中心に、同館学芸員の撮影した作品など31点を展示。はく製なども展示される。会場は同館企画展示室。

 時間はともに午前9時から午後5時まで。毎週月曜日と6月29日(火)・30日(水)は休館。写真展の入場は無料だが、車で来場の場合、土・日は同公園の駐車場が有料(普通車500円)となる。

 写真展について詳しくは同館【電話】046・280・1

住所

神奈川県愛川町半原5287

公開日:2021-06-20

関連タグ