保土ケ谷区・和田西部町内会 いっとき避難場所巡り企画 クイズラリー形式で楽しみながら

シェアする

このイベントは終了しました。

クイズラリーの台紙

保土ケ谷区の和田西部町内会(宇佐美勝彦会長)が7月10日(土)に「防災フェア」を開催する。午後1時から横浜新道陸橋下の和田一丁目公園を発着点に、町内7つの「いっとき避難場所」と防災拠点となっている保土ケ谷中学校をクイズに答えながら巡り歩く企画で、クイズに正答すると100人に景品がプレゼントされる。町内会以外の人も参加可能。

楽しく防災拠点を認識

地震発生直後に建物倒壊などの危険から逃れるため、住民が一時的に避難する「いっとき避難場所」や防災拠点を住民らにしっかりと認識してもらおうと企画された今回のフェアには、横浜国立大学の学生らが地域交流を目的に活動している団体「ワダヨコ」が協力。公園に戻った後、「まだ遊び足りない」という人は、約1m角のキャンバスを彩色し、組み合わせて一枚の大きな絵を仕上げる「夢キャンバス」と銘打ったイベントも予定されている。夕刻には公園内にキャンドルを灯し、出来上がった作品を幻想的な光で鑑賞する。

体験をテーマに

同町内会では東日本大震災発災前から地域内の要援護者名簿を作るなどし、防災意識を高める取り組みを進めてきている。防災フェアは「ありきたりな防災訓練ではなく、楽しみながら防災意識を高め、地域防災力を高めよう」と9年前からスタート。これまでにも瓦礫を模した木材の上を歩いたり、新聞紙を使い食器を作るなど、「体験」をテーマにした企画が用意され、楽しみながら「いざ」に備える取り組みを展開している。問い合わせは宇佐美会長【携帯電話】090・1407・4440へ。

開催日

2021年7月10日(土)
午後1時から

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1丁目287−3

横浜新道陸橋下の和田一丁目公園 発着点

問い合わせ

和田西部町内会 宇佐美会長

電話

090-1407-4440

090-1407-4440

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-09

関連タグ