観覧募集 「聖火の火種作り 」東京2020パラリンピックの聖火フェスティバル【8月15日開催】伊勢原市

シェアする

伊勢原市が東京2020パラリンピックの聖火フェスティバルを8月15日(日)、市民文化会館前広場と同館大ホールで開催。8月2日(月)から観覧者を募集する。

 観覧は午前10時から正午まで。対象は市内在住・在勤・在学者で、申し込み先着順300人。

 パラリンピックの聖火のもとになる火種をつくり、県へ送り出す同催し。当日は、市内の小中学生がソーラークッカーで起こした火と、障がい者施設の利用者らが起こした火を合わせて県に送り出す催しなどが行われる。各市町村から集まった火は東京都で集められ、8月24日(火)のパラリンピック開会式に向け、聖火リレーが行われる。

 申し込み、問い合わせは市スポーツ課【電話】0463・94・4628へ(8時半から午後5時、土日祝日を除く)。

住所

神奈川県伊勢原市田中348

公開日:2021-08-03

関連タグ