元気なヒマワリ200本が見頃!【小田原・潤生園やすらぎの家栢山】

シェアする
太陽に向かってヒマワリが咲き誇る(7月24日撮影)

小田原市曽比の通所介護サービス・潤生園やすらぎの家栢山で、200本のヒマワリが見頃を迎えた。

ヒマワリは昨年、「コロナ禍だけど、地域の人に元気を出してもらえたら」とスタッフと利用者が考え、植えたのが始まり。今年は駐車場にも範囲を広げて植えたことで、通りからもより一層見えるように。利用者や地域の人にも持ち帰ってもらえるようにと、小さなポットを30個ほど用意している。

管理者の上西寿幸さんは、「ヒマワリの黄色は元気が出る色。通りがかりの人も振り向いてくれています。屋外で気持ち良くヒマワリを楽しんでもらえたら」と話している。

住所

神奈川県小田原市潤生園やすらぎの家栢山

公開日:2021-08-05

関連タグ