川崎市・麻生区文化祭「第33回俳句大会」作品募集中<2021年8月31日締め切り>

シェアする
画像はイメージです

 麻生区文化協会(菅原敬子会長)は現在、「第33回俳句大会」の応募作品を募集している。締切は8月31日(火)当日消印有効。

 毎年秋に開催されている麻生区文化祭。同祭のプログラムのひとつとして、俳句大会が開催されており、今年は10月30日(土)に麻生市民館大会議室で行われる。午後1時から表彰式。終了後には「街」「遊牧」「小熊座」などの同人・栗林浩氏による記念講演「(仮)俳句を楽しむ」も予定されている。作品に応募していない人で、講演会のみの出席の場合、1000円が必要。

応募方法は

 応募は、未発表の作品を2句1組、何組でも可。参加費は1組につき1000円(投句に添えて・切手不可)。応募の際には、麻生市民館などに置いてある所定の用紙に楷書で明記し、郵便番号、住所、氏名、電話番号を併記。投句先は、〒215―0023麻生区片平2の7の26、山室茂樹さん宛。

 応募作品の中から、川崎市長賞、川崎市議会議長賞などの9賞のほか、優秀賞20位まで選出。応募者には俳句大会選句集が送られる。「皆様の投句ならびに、大会表彰式、記念講演会のご参加をお待ちしております」と同実行委員会。
 問い合わせは、山室さん【電話】044・986・1683へ。

開催日

2021年10月30日(土)
俳句大会開催日

2021年8月31日(火)
俳句作品募集締め切り

住所

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-5-2 麻生市民館

費用

投句料1000円(記念講演会のみ1000円)

問い合わせ

麻生区文化祭 第33回俳句大会実行委員会 山室茂樹さん

電話

044-986-1683

044-986-1683

公開日:2021-08-10

関連タグ