夏空に表情多彩 三ツ沢公園で酔芙蓉咲く

シェアする
白い花弁が開いた午前中の酔芙蓉(8月6日撮影)

三ツ沢公園=神奈川区三ツ沢西町=の戦没者慰霊塔側にあるテニスコートそばに整備された花壇広場で、8月上旬から酔芙蓉(すいふよう)の花が咲き始めた。

酔芙蓉は朝に咲いて夕方にはしぼむ一日花。咲き始めの花弁は白く、時間の経過と共にピンク、赤へと色を変える姿を楽しむことができる。酒を飲んで顔が赤くなっていく様子が名前の由来とされる。

花壇広場では、横浜市立市民病院の移転に伴い移植されたバラなど様々な植物を楽しむこともできる。

開催日

8月上旬から

住所

神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1  三ツ沢公園

公開日:2021-08-22

関連タグ