新型コロナと世界の子ども  県ユニセフ協会 パネル展@鶴見図書館

シェアする

このイベントは終了しました。

3階エレベーター前のパネル展

神奈川ユニセフ協会が主催するパネル展「新型コロナウイルス感染症と世界の子どもたち」が8月31日の午後4時まで鶴見図書館3階のエレベーター前で行われている。

世界の子どもたちの生存、発達、保護、参加のための活動を県内で促進する神奈川ユニセフ協会。展示は、新型コロナがあらゆる国、特に手を洗える施設がない国や貧困、紛争に苦しむ人々に、より深刻な影響を与えていることを伝えるために企画された。

展示では、途上国の新型コロナによる影響や実態などを写真とともに10枚のパネルで紹介。展示に関連し、同階で子どもの福祉などに関する本が集められたコーナーも設置されている。

図書館の開館時間は、火曜から金曜は、午前9時半〜午後7時。土曜から月曜、祝日は午後5時まで。変更の場合もあるため、ホームページで確認を。問い合わせは同協会【メール】info@unicef-kanagawa.jp

開催日

2021年8月3日(火)~2021年8月31日(火)
【図書館の開館時間】
火曜から金曜:午前9時半〜午後7時
土曜から月曜・祝日:午前9時半〜午後5時まで
※最終日の展示時間は午後4時まで

住所

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-10-7  鶴見図書館3階

問い合わせ

神奈川ユニセフ協会

メールアドレス

info@unicef-kanagawa.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-28

関連タグ