宮沢賢治の朗読劇を配信 <演劇やまと塾>9月12日からYouTubeで

シェアする

 市民劇団「演劇やまと塾」(戸ヶ崎正次代表)が9月12日(日)から動画サイトYouTubeで朗読劇を配信する。内容は宮沢賢治の童話から「どんぐりと山猫」「セロ弾きのゴーシュ」など5作品を収録。作品によって演出を変え、ZOOMでの収録の様子=写真=や泉の森でのロケ、手描きのイラストに朗読を乗せるなど見せ方も工夫した。

 同劇団は2005年、文化庁の支援事業を基に結成。事業終了後は、自主運営で活動を続けている。昨年からコロナ禍で定期公演ができず、今年は何か違う形で公演できないか、と動画制作に初挑戦することに。戸ヶ崎代表は「試行錯誤しながら制作するうち、塾生から様々なアイデアが飛び出し、面白がりながら作ることができた。期間限定だが多くの人に楽しんでもらえたら」と話している。

 配信は10月11日(月)までで劇団ホームページ(http://www.engekiyamato.50pj.net/)から。

住所

神奈川県大和市演劇やまと塾

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-15

関連タグ