秦野市立図書館で文学講演会「お伽草子」11月3日

シェアする
画像はイメージです

古典の日・文学講演会「ようこそ!『お伽草子』の世界へ-躍動する『申し子』たち-」を開催

秦野市立図書館で11月3日(水)、午後1時30分から3時。

定員は40人(申し込み先着順)。参加無料。

『お伽草子』とは、室町時代から江戸時代にかけて制作された短編の物語です。それまでの物語は、貴族中心の世界だったが、お伽草子では庶民が活躍し、動物や鬼といった異類まで登場します。今回の講演会では、中世のエネルギーあふれる新しい物語、お伽草子の面白さを味わうことができます。 講師は明治大学専任講師の佐伯和香子さん。佐伯さんは、東京生まれ横浜育ちで、國學院大學大学院博士後期課程を修了。日本古典文学や伝承文学を研究しています。

秦野市立図書館では、2012年9月5日に公布・施行された「古典の日に関する法律」により、11月1日が「古典の日」になったことに伴い、市民が古典や文学に親しむ機会を設けるため、文学講演会を毎年開催しています。

申し込み・問い合わせは秦野市立図書館【電話】0463・81・7012へ。

開催日

11月3日(水)
午後1時30分から3時まで

住所

神奈川県秦野市平沢94−1 秦野市立図書館

費用

参加無料

問い合わせ

秦野市立図書館

電話

0463-81-7012

0463-81-7012

定員は40人(申し込み先着順)

公開日:2021-10-18

関連タグ