横須賀で美味しいランチを落ち着いた雰囲気で出来る「よこすか平安閣」はただの結婚式場じゃないらしい【魅力を記者がレポート】

シェアする

京急汐入駅近くにあるシックで洒落た「よこすか平安閣」。長嶋茂雄が巨人に入団した1957年に産声を上げた歴史ある結婚式場です。なんとなく敷居が高いイメージを抱いていた記者でしたが、昼時になるとTシャツにジーンズというカジュアルな格好で入っていく人がチラホラ…?気になった記者は潜入を試みました!

ユニークで美味しいランチが大人気

「どうぞ」と物腰柔らかな口調で迎えてくれたのは、支配人を務める山本真士さん。ここで働くこと33年の大ベテランです。早速、館内に入っていった人たちについて尋ねてみると、

  • 「今日は『よこすか野菜ランチ』の日なんです」とのこと。キニナル名称にますます興味深々。詳しく話を聞いてみることに。

「よこすか野菜ランチ」

「よこすか平安閣」では定期的にランチイベントを開催しているそう。「よこすか野菜ランチ」で使用する食材は、横須賀市林地区の農家「鈴也ファーム」で栽培された“レインボー野菜”。潮風と太陽をたっぷりと浴びた新鮮な甘味に「何度もおかわりしてしまう」と女性を中心に大好評だと言います。

「スペシャルランチ」

「スペシャルランチ」と題したコースもあり、メイン「しらなみ熟成ポークとよこすか野菜のグリルシャリアピンソース」ほか、パスタ、サラダ、スープ、デザートの計5品とボリューム満点。「オープンキッチン」では、プロ料理人が鍋を振るライブ感溢れる姿も間近で見られ、出来立てホヤホヤの料理が提供されます。

「おせち」の予約も

年末になると「おせち」の予約も受付。伊勢海老、鮑、いくら、ローストビーフ、鴨ロース肉、大海老…。文字を見るだけで思わずよだれが出てしまいそう。真空パックではなく、すべて新鮮な生の食材を使っているので、口の中で直に素材の旨味を感じられます。

ゴージャスなホールで宴会・パーティー

ホールはとても豪華で心地良い雰囲気を醸し出しています。

「結婚式」と一口に言っても多種多彩な形があり、親族や友人だけのパーティーから最大200人の披露宴も出来るそう。専属プランナーが2人にあった最適な挙式スタイルを提案。賛美歌の響く厳かな教会式やオリジナル感溢れる人前式も可能です。会社の祝賀会や歓送迎会、忘新年会のほか、同窓会など、様々なシーンで利用出来ます

もちろん料理も美味!和洋中の各料理長が、季節ごとにこだわりぬいて選んだ三浦半島近郊の旬な食材をベストな状態で調理してくれます。

利用者の心照らすスタッフの想い

細部まで手の行き届いた案内で、利用者の心を照らすスタッフたち。山本支配人は

  • 「人生の節目に立ち会い、思い出を共有できることに幸せを感じます。つい先日もここで挙式した女性が年を重ね、その娘さんが同じ場所で式を挙げる場面があり、感慨もひとしおでした。これからは皆さまが気軽に訪れられるようなムードを作り、多くの方々にとって心の拠り所になりたい」と語っていました。

住所

神奈川県横須賀市本町1丁目4番地

営業時間 / 10:00~19:00
宴会・披露宴受付時間 / 10:00~22:00
駐車場45台完備

電話

0120-23-1122

0120-23-1122

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-10-13

関連タグ