動画・パネルで伝統つなぐ 「第42回秦野市市民の日」代替事業

シェアする
秦野駅でのパネル展示

秦野市では10月18日から「第42回秦野市市民の日」の代替事業を実施

「市民の日」は今年も11月3日に開催予定だったが、新型感染症の影響により昨年度に続き中止に。秦野市は伝統を絶やさず、多くの人に魅力を発信するため代替事業を行っています。

その一つが「パフォーマンス動画配信」(11月30日まで)。秦野市内で活動する団体等が、趣味や特技をいかしたパフォーマンスを秦野市公式ユーチューブで披露しています。

また11月3日まで、秦野駅と渋沢駅では過去の市民の日を振り返るパネルの展示も実施。担当者は「多くの方のご視聴、ご観覧をお待ちしています」と話しています。

住所

神奈川県秦野市.

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-10-31

関連タグ