金子みすゞから「死」を考える【11月6日】横浜市神奈川区で講演会と演劇

シェアする

PR・イベントは終了しました。

  横浜市神奈川区のなごみ庵=平川町=住職の浦上哲也さんによる法話と、妻の智照さんによる演劇が11月6日(土)、東神奈川駅そばのかなっくホールで行われる。

 第1部の法話では、宗派を超えた僧侶の組織「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の共同代表でもある浦上さんが、仏教の観点から見た自死問題について解説する。

 第2部では、童謡詩人・金子みすゞの母を主人公として描いた『愛しき娘、みすゞ いのち繋がる物語』を上演。26歳の若さで自死した娘を思う悲しみを抱きながら、孫ふさえの成長を見守る母ミチの姿を智照さんが演じる。

 午後2時から3時30分(1時30分開場)。事前予約制で定員150人。入場無料で、任意で観覧料の支払いも可能。

 申し込みはなごみ庵【電話】045・491・3909/【メール】bouzu@sd5.so-net.ne.jp。

開催日

2021年11月6日(土)
午後2時から3時30分(1時30分開場)

住所

神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-10-1

費用

入場無料
※事前予約制で定員150人

問い合わせ

なごみ庵

電話

045-491-3909

045-491-3909

メールアドレス

bouzu@sd5.so-net.ne.jp

公開日:2021-10-29

関連タグ