広報で相模原史をたどる「広報さがみはら写真ニュースと歴史的公文書で辿るさがみはらの出来事」@相模原市立公文書館

シェアする
相模線

 相模原市立公文書館(緑区)で現在、企画展「広報さがみはら写真ニュースと歴史的公文書で辿るさがみはらの出来事」が開催されている。期間は12月24日(金)まで、時間は午前8時45分から午後5時。土曜・日曜・祝日は休館(11月6日(土)、12月4日(土)は展示解説があるため開館)。

 当時の出来事や話題を写真で紹介する「広報さがみはら写真ニュース」(市立公文書館所蔵広報的資料)で取り上げた出来事を公文書でたどり、理解を深めていく企画展。テーマ「開業100年、全線開通90年。相模線」では、1928年の橋本駅開通に向けた相原村での取り組みから開通後の沿線市町の電化複線化などを紹介する。「返還から市民の憩いの場へ」では、米国から返還され、市民利用の施設となった弥栄小学校や淵野辺公園などに関連する出来事をたどる。

 問い合わせは、同館【電話】042・783・8053。

開催日

2021年11月4日(木)~2021年12月24日(金)
8時45分から17時。土曜・日曜・祝日は休館(11月6日(土)、12月4日(土)は展示解説があるため開館)。

住所

神奈川県相模原市緑区久保沢1丁目3 第2別館 3階 城山総合事務所

問い合わせ

相模原市立公文書館

電話

042-783-8053

042-783-8053

公開日:2021-11-15

関連タグ