<川崎市中原区>初の試み!若者が区と連携し市政だよりを編集!今後はリアルなイベント企画も

シェアする
取材に応じたメンバーと区役所の高橋さん(右上)

「かわさき若者会議」の10人が編集

 市政だより2021年11月号中原区版の表紙を、区内で活動する若者たちが飾った。編集したのは若い力を地域に生かそうと取り組む「かわさき若者会議」の中原区ゆかりの10人。中原区とのプロジェクトで初の試み。

若い人たちも地域に目を向けて

 紙面で紹介したのは、教育や交流の場など区内で活動する若者4人。子どもたちに勉強や折紙を教える女性をはじめ、人工知能で渋滞などの社会問題に取り組む大学院生、高校で受けた講習がきっかけで消防団に入ったという人に焦点を当てた。編集に関わったのは、学生から社会人まで20代前半の若者ら。「若い人たちにも地域に目を向けてもらいたい」との思いから、テーマや人選など、プロジェクトメンバーたちが意見を出し合った。写真を中心にしたレイアウト、キャッチコピーや書体を工夫。

 大学4年生の和合大樹さん(21)は「取材を通して地域のつながりの大切さが見えてきた」と振り返り、社会人の佐藤太我さん(23)、大学2年生の大根田優菜さん(20)もうなずいた。

 区役所まちづくり推進部地域振興課の高橋漱至(そうし)さんは「市政だよりを読まなかった若い層へ届く紙面ができた。今後は市政だよりに限らず、リアルなイベントを企画し、参加して楽しめるものができれば」と話した。

 市政だよりは、区役所、図書館などの公共機関、駅などで手に入る。

住所

神奈川県川崎市中原区

公開日:2021-11-16

関連タグ