秋の「十月桜」が2021年も開花~川崎市中原区二ヶ領沿いに30本が淡紅色の花を咲かせる

シェアする
上家内橋(宮内)のそばの十月桜。冷雨に濡れながら花を咲かせていた=2021年11月22日

 二ヶ領用水沿いで毎年、道行く人を楽しませる「十月桜」。2021年も開花が始まっている。

例年12月まで

 春と、秋から冬にかけて一年で二度開花する十月桜。八重咲きと一重咲きがあり、淡紅色の花を咲かせる。第三京浜の高架下辺りから旧総合自治会館の裏手にかけて約30本が植えられている。日頃、桜の手入れをしている二ヶ領用水・中原桃の会によると、例年12月まで楽しめるという。

住所

神奈川県川崎市中原区 上家内橋

公開日:2021-11-28

関連タグ