「山口蓬春と吉祥コレクション~モティーフ・文様に込められた願いとは~」開催12/4から@葉山

シェアする

PR・イベントは終了しました。

山口蓬春《花菖蒲》1962年

 山口蓬春記念館(葉山町一色)が初冬企画展「山口蓬春と吉祥コレクション〜モティーフ・文様に込められた願いとは〜」を開催する。12月4日(土)から来年1月30日(日)まで。

 毎年、正月になると「めでたきは光琳の絵から」と愛蔵の尾形光琳筆『飛鴨図』を床の間に掛けて、新春のひとときを過ごした山口蓬春。人々がめでたい画題「吉祥」を尊ぶ姿勢から、絵画の中のモティーフや工芸品の文様に込められた幸福への願いを探る。また、関連して山口蓬春が蒐集した古美術品や吉祥画の名品の模写を展示する。

 入館料一般600円、高校生以下は無料。12月12日(日)には先着5人の展示解説も。問い合わせは【電話】046・875・6094

開催日

2021年12月4日(土)~2022年1月30日(日)
休館:毎週月曜日(1月10日は除く)、12月29日(水)~1月4日(火)、1月11日(火)
時間:午前9時30分~午後3時30分(入館は午後3時まで)

住所

神奈川県葉山町山口蓬春記念館

費用

入館料:一般600円 高校生以下は無料

電話

046-875-6094

046-875-6094

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-12-05

関連タグ