講演会「認知症の私から見える社会」@横浜市南区

シェアする

このイベントは終了しました。

六ツ川の住民有志が運営する認知症カフェ「とおりみち」が主催する講演会「認知症の私から見える社会」が12月22日、六ツ川一丁目コミュニティハウスで行われる。

 講演会の講師を務める丹野智文さんは2013年に若年性アルツハイマー型認知症と診断を受けた。当時、自動車販売会社のトップセールスマンとして活躍する中で病魔に侵され、「この先、どうやって家族を養っていけば良いか」などの不安を抱いたという。

 認知症と診断された人は周囲から「何もできない」「すぐに忘れる人」といった印象を持たれることがあり、社会の理解が十分ではない。

 講演会では、もの忘れの総合相談窓口「おれんじドア」=宮城県=の実行委員会代表を務める丹野さんが自身の経験や、全国の認知症当事者から聞いた話を発信する。認知症とどのように向き合えば良いかをアドバイスし、参加者と今後のことを考える。

 午後1時30分から3時まで。参加費無料。先着45人。申し込みは六ツ川地域ケアプラザ【電話】045・716・0680。

開催日

2021年12月22日(水)

住所

神奈川県横浜市南区六ツ川1-267-1

問い合わせ

六ツ川地域ケアプラザ

電話

045-716-0680

045-716-0680

公開日:2021-12-10

関連タグ