講演会「鎌倉幕府と町田の深い関係を知る講演会 」

シェアする

『鎌倉幕府の防衛ラインと町田北部丘陵に眠る城砦&古街道

【講演者】宮田太郎氏(歴史古街道研究家)

 今や一大商業施設が広がる町田。人口43万人の町田市の発展の歴史を紐解くとき、鎌倉幕府との関りを抜いて語ることはできない。

 市域の中央を、かつて幕末から明治時代に「絹の道」
と言われた産業の道が通った時代よりはるか以前、鎌倉時代の 主要な街道=鎌倉街道上ノ道(上道)や複数の鎌倉街道が通過 していたことから、今の商業地の発展にまでつながっていった のだった―。

 南北に連らなる「小野路宿」「本町田宿」「野津田本村」「原町 田宿」の深い関わり、周辺に今も残る山城や無名の砦跡群と遺跡群。

 多摩~町田~鎌倉へと続いた中世街道遺跡の実相、鎌倉幕府のダイナミックな防衛ラインや道づくりなどについて、最新科学の立体地図も用いて研究40年の成果を元にお話しします。

開催日

2022年1月22日(土)
●日時:2022年1月22日(土)13:30~15:30 

住所

東京都町田市町田市民フォーラムホール

●町田市民フォーラムホール13時受付
 町田市原町田4-9-8サウスフロントタワー3階
 小田急線町田駅東口/徒歩約8分
 JR横浜線町田駅北口/徒歩約5分

費用

●定員:150名(先着順)
●参加費:1,000円(資料代含む)
事前申込不要・当日受付

問い合わせ

鎌倉古道・歴史遺産の会 (担当)鶴巻

電話

090-7717-6244

090-7717-6244

メールアドレス

e-t@minuet.plala.or.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-12-10

関連タグ