子ども食堂へ物流支援!地元企業2社「富士通、マツダ流通」が協力<川崎市中原区>

シェアする
佐藤代表(右)と協力企業の関係者

 かわさきこども食堂ネットワーク(佐藤由加里代表)に12月6日、(株)ファイントゥデイ資生堂から段ボール220箱分、約1・8トンものハンドソープなどが寄贈された。大量の品を移送する手段や搬入場所がなく苦慮していた中、富士通(株)川崎工場とマツダ流通(株)の地元企業2社が協力した。

マツダ流通が運送、富士通が一時保管場所に名乗り

 寄贈の話を受けた当初、自家用車では運べず搬入先もないことから、受け取りを断念するつもりだったという佐藤代表。川崎市にも相談する中でマツダ流通がトラックによる運送、富士通が一時保管場所の提供に名乗りを上げた。両社社員は荷下ろしも手伝い、佐藤代表は「日常的に欠かせないハンドソープ。市内の各食堂に無事届けられた」と感謝を示した。

段ボールいっぱいの寄贈品

今後も協力継続を

 全国の子ども食堂には、支援団体や企業から食料品や日用品の寄贈が増える一方、受け取る環境が整っていない施設が多いという。佐藤さんも「せっかくのご厚意も、移送手段や保管場所がなく諦めたこともあった」という。マツダ流通の梅澤尚稔社長は「さまざまな事情や環境の中にある子どもを、娘を持つ親として支えたい気持ちがあった。今後も業務と並行し協力していきたい」とし、富士通の総務課は「地域貢献は当社の方針。可能な範囲で継続していきたい」と話した。

 子ども食堂は、子どもに食事を提供し、貧困家庭の支援や地域のつながりを提供することなどが主な目的。現在、川崎市内には約60カ所の子ども食堂があり、同団体には約6割が加盟している。

住所

神奈川県川崎市中原区

公開日:2021-12-31

関連タグ