ラグビー 新リーグ「リーグワン」開幕 !県内からは2チームが参戦!レギュラーシーズンは5月8日まで

シェアする
チーム愛称のイノシシポーズをする石井選手

開幕戦はパナソニックワイルドナイツVSクボタスピアーズ

 ラグビーの国内新リーグ「リーグワン」がきょう1月7日に開幕する。24チームが3つのディビジョンに分かれて、総当たりのリーグ戦を繰り広げる。記念すべき開幕戦は、国立競技場で2021年のトップリーグで優勝したパナソニックワイルドナイツと同3位のクボタスピアーズが対戦。レギュラーシーズンは5月8日まで続く。

横浜キヤノンイーグルスと三菱重工相模原ダイナボアーズが参戦

 県内のチームは12チームが参入するディビジョン1に横浜キヤノンイーグルス(横浜市)、6チームが参入するディビジョン2に三菱重工相模原ダイナボアーズ(相模原市)の2つ。

 川崎市麻生区出身の石井智亮選手が所属する三菱重工相模原ダイナボアーズは、2021年創部50周年を迎えた。「今季の目標はディビジョン1への昇格。1戦1戦を大事に戦いたい」と石井選手は話した。開幕戦は1月10日に秩父宮ラグビー場(東京)で花園近鉄ライナーズと対戦。午後1時キックオフ。

住所

神奈川県川崎市中原区

公開日:2022-01-10

関連タグ