日本人が愛した縁起物の”鯛”グッズやはく製・研究物がズラリ@横須賀観音崎自然博物館

シェアする

PR・イベントは終了しました。

色や形、大きさの異なる様々な鯛を解説

 日本人に古来から愛され続けている「鯛」を生物学的、人文学的、水産学的に楽しむ企画展示が鴨居の観音崎自然博物館で開かれている。

 会場となる特別展示室入り口から、鯛の生態をパネル写真を通じて紹介。全長1m近くある大物のはく製も展示されている。また江戸時代に描かれた墨絵や浮世絵、版画をはじめ、結婚式の引き出物として利用されていた砂糖の鯛など、縁起物として扱われた”鯛グッズ”も並ぶ。

 さらに同博物館は戦後、鯛の養殖研究所としても機能し、陸上養殖を国内で初めて成功させた歴史を有する。展示ではそうした研究の成果や実際の研究物なども展示している。

 午前9時から午後5時、月曜(祝日の場合は翌日)休館。大人500円、3月31日(木)まで。詳細は【電話】046・841・1533

開催日

2022年1月14日(金)~2022年3月31日(木)
午前9時から午後5時 月曜日(祝日の場合は翌日)休館

住所

神奈川県横須賀市観音崎自然博物館

費用

大人:500円

問い合わせ

観音崎自然博物館

電話

046-841-1533

046-841-1533

公開日:2022-01-21

関連タグ