《県内5本目》 東海大学前郵便局にウルフアロン選手を称えて金色ポスト!

シェアする
東海大学前郵便局に設置されたゴールドポストと郵便局関係者ら

東京2020オリンピック柔道男子100キロ級で金メダルを獲得したウルフアロン選手の功績を称える「ゴールドポスト」が2月1日、秦野東海大学前郵便局(秦野市南矢名・小松大祐局長)に設置されました。

この金色ポストは、東京2020大会で金メダルを獲得した日本人選手らのゆかりの地の郵便ポストを金色に塗り替え、選手の功績を称えるとともに、選手を輩出した地域を盛り上げようという「ゴールドポストプロジェクト」として、内閣官房と日本郵便が協力して実施しています。2月1日現在、国内で61本、神奈川県で5本目の設置となりました。東海大学前郵便局への設置は、ウルフアロン選手の希望により実現したものです。

お披露目当日は秦野郵便局の川崎利克局長、小田原浜町郵便局の高梨哲也局長、東秦野郵便局の関野宏一局長、秦野駅前郵便局の川上貴仁局長、設置局の小松局長ら関係者が参加し、ゴールドポストの設置を祝いました。

ウルフアロン選手からは「出身大学の近くにゴールドポストを設置できたことを誇りに思います!東海大学の後輩たちがこのポストを見て、自分自身の夢や目標に向かってモチベーションを上げてくれればと願います」とメッセージが寄せられました。小松局長は「1人でも多くのお客様に見に来ていただき、秦野の観光スポットになってくれると嬉しい」とあいさつしました。

住所

神奈川県秦野市南矢名 東海大学前郵便局

公開日:2022-02-11

関連タグ