つくい地区の災害を考える「つくい防災ミュージアム!〜学んで、感じてGoTo防災体験〜」@相模原市緑区:中野中学校

シェアする

PR・イベントは終了しました。

画像はイメージです

 津久井JC(山崎勇貴理事長)は2月20日(日)の午後0時30分から4時、中野中学校で、『つくい防災ミュージアム!〜学んで、感じてGoTo防災体験〜』を開催する。
 つくい地域は緑豊かな自然を有する半面、常に豪雨や台風などの自然災害の危険がある。ミュージアムでは、同校体育館でさがみはら防災マイスターの徳永翔氏を招いた基調講演、校庭で救命士や消防士による救命体験、心肺蘇生法、AED体験や消防車、起震車、火災旋風実験や非常食の試食、豚汁の炊き出しなどが予定される。参加無料で先着150人。参加は事前申込制。下記にある電話かFAXで申込必要となる。
 申込・問合せは、津久井JCまちづくり委員会委員長の川原諒介氏【携帯電話】090・5218・3669、【FAX】0554・56・2671。

開催日

2022年2月20日(日)
12時30分から16時まで

住所

神奈川県相模原市緑区中野960番地

問い合わせ

津久井JCまちづくり委員会委員長 川原諒介さん

電話

090-5218-3669

090-5218-3669

申込・問合せは、津久井JCまちづくり委員会委員長の川原諒介氏【携帯電話】090・5218・3669、【FAX】0554・56・2671まで。

公開日:2022-02-15

関連タグ