絵画で巡る「星と厚木と神奈川」 厚木市鳶尾のギャラリーで作品展

シェアする

PR・イベントは終了しました。

ミエリョウジさん作品「アフレル輝き相模湘南」

厚木市鳶尾のTobioギャラリー(鳶尾郵便局そば)で、ミエリョウジ(本名/齊藤良治・40)さんによる第2回厚木美博「美博展」が開催されている。

 ミエリョウジさんは、厚木市妻田西に在住で8年ほど前から本格的に風景画や電車を題材にしたアート作品制作に取り組んでいる。伊勢原市での個展をはじめ、厚木市内の飲食店やカルチャー教室などでも数々の作品を目にすることができる。

 今回の展示は「星と厚木と神奈川」をテーマに約20作品を展示する。「絵画の旅を、バスで(乗ったつもりで)お楽しみください」として、厚木市飯山の桜やかつて本厚木駅周辺にあった商業施設などの風景画を展示する。このほか、木星や火星といった惑星を描いた作品や一度は目にしたことのあるロゴや看板をユニークにアレンジしたデザイン画も並んでいる。

 ミエリョウジさんは「バスで自然や街並みを巡るような絵画とジョーク、四季の旅をしてみては」と話していた。会期は2月19日(土)まで。

 同ギャラリーは午前10時から午後4時までオープン。木曜・日曜休み。展示会の観覧は無料。問合せは【電話】046・281・9623へ。

開催日

2022年2月19日(土)
まで

住所

神奈川県厚木市鳶尾2丁目25−6−103

公開日:2022-02-16

関連タグ