かわさき宙と緑の科学館が「宝くじ」に~開館50周年を記念したデザイン【3月1日まで販売】

シェアする
科学館50周年デザインの宝くじ(見本)=市提供

 かわさき宙と緑の科学館(川崎市青少年科学館)の開館50周年をデザインした宝くじが、2022年3月1日(火)まで販売されている。川崎市をはじめとした34自治体の宝くじ売り場のほか、宝くじ公式サイトで購入できる。

 科学館のデザインが施されているのは「第2588回関東・中部・東北自治宝くじ」。600万枚発行で発売総額は6億円、1等当選金は1500万円となっている。

売上一部は市財源へ

 川崎市内に約140カ所ある売り場で購入された宝くじの売上の一部は、市の財源として科学館や生田緑地内施設の整備等にも活用されている。宝くじ1枚のうち、63・4%が当選金等、36・6%が自治体の収益金になるという。

開催日

2022年3月1日(火)まで販売

住所

神奈川県川崎市他

公開日:2022-02-25

関連タグ