雛人形で「春を感じて」3月6日まで参拝者をお出迎え@三浦市海南神社

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 三崎の海南神社境内で3月6日㈰まで、雛人形が飾られ、参拝客を出迎えている=写真

 「河津桜の開花も例年より遅く、寒い日が続くなかで、少しでも春らしさを感じてもらえたら」と初めて企画。神楽殿のほか、本殿前の石段をひな壇に見立て、およそ130の雛人形がずらりと並んでいる。

 これらは氏子宅などで使われなくなり、焚き上げのために持ち込まれたもの。持ち主の承諾を取って再び役目を与えられた人形は、境内を鮮やかに彩り、参拝客は足を止めて「華やかでとても可愛い」などと話していた。

開催日

2022年3月4日(金)

住所

神奈川県三浦市海南神社

公開日:2022-03-04

関連タグ