4月17日から開催の区制40周年記念プレイベント「アルテリッカ新ゆり美術展2022」開催

シェアする

PR・イベントは終了しました。

各協会会員の作品を展示=写真は昨年

 麻生区美術家協会と、麻生区文化協会、(公財)川崎市文化財団の合同による「アルテリッカ新ゆり美術展2022」が3月7日(月)から13日(日)まで、新百合21ホール、ギャラリー華沙里(上麻生1の10の6の2F)で開催される。入場無料。

 4月17日(日)から開催される「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)」のプレイベント、麻生区区制40周年記念のプレ事業として行われ、今回で14回目。

 今年も麻生区美術家協会会員が手掛けた洋画、日本画、彫刻、工芸作品や、麻生区文化協会美術工芸部会のメンバーによる、いけ花、絵画、書、写真、工芸、彫刻作品が展示される。加えて、同文化協会が昨年6月に主催した「民藝の女優さんを描くデッサン会」の参加者による作品や、かわさきジュニア芸術祭文化賞受賞作品の特別展示も行われる。

 主催者では「大作やレベルの高い作品を地元で観ることができるので、ぜひご来場ください」と話している。問い合わせは麻生区文化協会【電話】044・951・1300。

開催日

2022年3月7日(月)~2022年3月13日(日)
10時開始 〜 18時終了 (最終日は16時まで)

住所

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-2

新百合21ホール
ギャラリー華沙里(上麻生1-10-6-2F)

費用

入場無料

問い合わせ

麻生区文化協会

電話

044-951-1300

044-951-1300

公開日:2022-03-06

関連タグ