さらば白いロマンスカー!定期運行終了~川崎市新百合ヶ丘駅に「感謝」のパネル

シェアする
柿生駅付近を走るロマンスカー・VSE=2022年2月26日撮影

3月11日、定期運行終了

 小田急電鉄の特急ロマンスカー・VSE(50000形)が2022年3月11日を最後に定期運行を終了する。新百合ヶ丘駅構内にも、最終運行を盛り上げようと駅員による特製パネルが設置されている。

約200万人が乗車

 VSEは、箱根観光専用特急として2005年3月に運行開始。「Vault(英語でドーム型の天井の意味)Super Express」という名前のように、広い室内や展望席を設置。白いボディーに、窓下に配置したバーミリオン・オレンジの帯が外観の特徴だ。約17年で600万キロ以上を走行、約200万人が乗車した。

2023年秋頃に引退予定

 車両の経年劣化や主要機器の更新が難しくなる見込みから、同社は2021年12月、定期運行終了を発表。3月12日以降はイベントなどで運行し、23年秋頃に引退を予定する。

新百合ヶ丘駅構内の特製パネル

 ロマンスカーが停車する新百合ヶ丘駅では、中央改札くに定期運行終了までのカウントダウン、VSEでの思い出を想起させるイラストが書かれたパネルが登場。「多くのお客様を楽しませてくれたVSEに感謝を伝えようと駅員が考案して作った」と熊澤巌駅長は話している。

「お手振り」イベント開催予定

 最終日には、午前11時22分ごろ通過の下り車両に向かって「お手振り」イベントを開催予定。運行予定は同社HPへ。

住所

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-18-1 新百合ヶ丘駅

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-03-07

関連タグ