海老名市上今泉の「障害者支援センターあきば」でマルシェ <3月19日>

シェアする
マルシェで販売するビーズ細工を作る利用者

(社福)星谷会が運営する海老名市上今泉の障害者支援センターあきばで3月19日(土)、利用者が作成したTシャツや手芸品などを販売する「あきばマルシェ」が開かれる。時間は午前10時30分から午後2時30分まで。雨天の場合4月に延期。

 この催しはあきばの職員で構成されたセルフプロダクトチーム(藤田道広リーダー)が発案したもので、コロナ禍で賃金が減少した利用者の賃上げや作業のモチベーションアップになればと企画された。

 あきばは知的障害や重度身体障害などを持つ66人が利用している施設。例年であればバザーなどで制作物を販売していたが、コロナ禍でその機会が失われていた。

 この催しを企画した藤田さんは「コロナ禍で制作しても販売できない状態が続いていた。この催しが利用者さんのモチベーションに繋がれば」と話している。(問)障害者支援センターあきば【電話】046・240・0775

住所

神奈川県海老名市上今泉6丁目11−20

問い合わせ

障害者支援センターあきば

電話

046-240-0775

046-240-0775

公開日:2022-03-14

関連タグ