相模原市・座間市の「佐藤石材」にまつわる「人」 元営業部長、独立から13年で達した~「売上成績」より「安らぎ」の境地~

シェアする
佐藤寿一さん、秀一さん親子

各地にある石材店。沿道に展示している墓石や石像は、日常のよくある光景でもあります。その石材店を営む「人」には、それぞれの人生模様があります。

 【私は日本人の心が好きです。人間が好きです。“どうしたらお客様が喜んでくれるのだろう”そんな事をいつも考えながら仕事に励んでいます】(佐藤石材ホームページより抜粋)

佐藤石材の佐藤さん

 神奈川県座間市(展示場・相模原市)で石材店を営む佐藤寿一さんは若いころ、医薬品会社の営業で病院まわりをしていました。「ひたすら先生を待つ営業」だったといいます。地域中堅の石材会社に転職した佐藤さんは、着実に実績を重ね、営業部長にまで昇進しました。

 2009年、その安定を捨てて独立を果たすことになりました。

 営業部長だった佐藤さんには10人ほどの部下がいて、常に売上実績を追いかけていました。幹部でありながら、売上至上主義の営業に違和感をもつようになっていきました。

「物売りで屋はなく、お客様に安らぎを与える仕事がしたい」

 家族の反対を押し切り、年収1000万円のサラリーマン生活を捨てたのは53歳のとき。座間市四ツ谷を拠点に(株)佐藤石材を起業し、米軍キャンプ座間に隣接する相模原市南区新磯野に30坪ほどの小さな展示場を設けました。

 一件一件、丁寧に接客をしながら、お客様の要望に丁寧に応える仕事が次第に評判を集め、今ではネットからの依頼が途絶えることなく、独立からこれまでに約2,000件の顧客に恵まれています。

海老名市 増全寺の永代供養墓(左)と伊勢原市 圓光院の樹木葬墓地(右)

親子でお客様と墓石に向き合う

 独立当時、佐藤さんには奥さんと18歳と14歳の子どもがいました。当時高校生で現在は2児の父親でもある長男の秀一さんは「それまでスーツを着ていた父親が突然スーツを着なくなった。当時はそれくらいにしか感じませんでした。今になると、よくその年で独立してここまで続けてきたと思います」と話します。秀一さんは今、寿一さんと親子でお客様と墓石に向き合いながら跡継ぎとして経験を積んでいます。

お客様の納骨を前に墓を掃除する佐藤さん親子(左)息子の作業を見守る寿一さん(右)

「家族経営で在庫もしないから経費もそれほど掛からない。その分だけ他より安いんじゃないかな」。佐藤さんはこっそりとそう教えてくれました。

WEBで情報発信

 佐藤石材の特徴はチラシではなくwebでの情報発信を強化している点にあります。職人が経営する石材店にはめずらしくホームページが充実。建墓や彫刻、石の説明から、お墓のお手入れ、クリーニング、墓じまい、納骨まであらゆる情報が網羅されています。施工実績のある寺院や霊園の情報、安さの秘訣などさまざまな情報があるので一度覗いてみては。

ホームページはコチラ

住所

神奈川県相模原市相模原市南区新磯野232

(展示場住所)

問い合わせ

株式会社佐藤石材

電話

0120-35-4114

0120-35-4114

(本社)神奈川県座間市四ツ谷58-5

メールアドレス

info@satosekizai.co.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-03-11

関連タグ