【募金】ウクライナの平和祈る <4月11日まで>横浜市役所に献花台と募金箱

シェアする

PR・イベントは終了しました。

献花する山中市長

横浜市内18の区役所にも募金箱設置

 横浜市は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で犠牲になった人々への哀悼と平和への祈りを捧げる献花台と募金箱を横浜市役所1階に設置した。募金箱は市内18の区役所にも置かれている。

 市は、ウクライナ南部の港湾都市オデッサ市と1965年から姉妹都市として友好関係を築き上げてきた。今まで医療やスポーツなど、幅広い分野で交流してきた。

 東日本大震災の際、オデッサ市民とオデッサ第60学校から被災地支援のための義援金を受け取るなどの支援を受けた。今度は横浜がウクライナの力になろうと、献花台と募金箱の設置を決めた。

 3月10日、山中竹春市長らが献花台を訪れ、ウクライナ国旗の色でもある青と黄色の花を献花。山中市長は「ウクライナとオデッサ市は、横浜市の大切な友人。ウクライナが困っている。ぜひ募金をお願いしたい」と話した。SNSなどで情報を知ったウクライナ人らも駆け付け、感謝の言葉と母国の平和を祈った。募金箱は4月11日まで設置。(問)市国際局【電話】045・671・4393。

開催日

2022年4月11日(月)
まで

住所

神奈川県横浜市横浜市役所1階

他、横浜市内区役所

問い合わせ

横浜市国際局

電話

045-671-4393

045-671-4393

公開日:2022-03-21

関連タグ