三浦の子どもたち「コンピューターに親しんで」IT専門家がクラブを発足<第1回は3月27日>

シェアする

PR・イベントは終了しました。

三浦コンピュータークラブを立ち上げた、キャシェン・マイカルさん

 「三浦の子どもたちがコンピューターに触れる機会を作って、好きになってもらいたい」。下宮田在住のキャシェン・マイケルさんがこのほど、10~16歳を対象にした「三浦コンピュータクラブ」を立ち上げた。

 現在、ITコンサルタントとして活躍するマイケルさん。自身も幼い頃からパソコンに親しみ、創造する楽しさを知った経験があり、機材のない初心者でも無料で気軽に参加できるクラブを作ろうと決めたという。

 2月に行われたニナイテ主催の市民活動交流会にも参加。そこで意気投合し、趣旨に賛同した市内在住の橋本吉生さんと準備を進めている。

クラブでは基本の使い方や仕組みを学ぶほか、プログラミングや簡単なアプリ、ゲームの作成など興味のあることに遊びながら挑戦していくという。「月2~3回、みんなで楽しく勉強できたら」とマイケルさんは呼びかけている。

参加者募る

 第1回目の活動を3月27日㈰午後3時15分から4時45分に市民交流センターニナイテ研修室で実施。現在、参加者を募っている。定員は8人(施設の人数制限のため子どものみ)。パソコンの貸し出しあり。同クラブURLhttps://miura.io内にある専用フォームから申し込む。

開催日

2022年3月27日(日)
午後3時15分から午後4時45分

住所

神奈川県三浦市市民交流センター

問い合わせ

三浦コンピュータークラブ

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-03-19

関連タグ