一足遅い桜の開花 斜面の並木が見頃を迎える@八王子市:大善寺

シェアする
満開時の並木(過去)=同園提供写真

 八王子市内で桜の開花が始まった。日本気象協会の予想では、都内の満開は26日。「都心よりやや遅い」と言われる八王子市内でも、今月中に見頃を迎えそうだ。
 山の斜面に咲く桜並木が特徴の大谷町の大善寺の富士見台霊園。この時期は散歩がてら訪れる人でにぎわうという。

2、3日あとに

「地形の関係なのか、富士森公園より2、3日遅れて満開を迎えます」と話すのは、同霊園のスタッフ、村川俊介さん。昨年は都心より1週間遅れて満開を迎えたそう。
 村川さんは「開花時期がずれるので市民の皆さんにとっては長く楽しめます。一足遅く咲くソメイヨシノもお楽しみください」と話す。

住所

東京都八王子市大谷町1019-1

公開日:2022-03-26

関連タグ