小田原漁港の未利用魚などを使った新商品「港のからあげクン」が登場!〈小田原地魚大作戦協議会〉

シェアする

PR・イベントは終了しました。

商品紹介のポスター

小田原漁港周辺の活性化や地魚を活用した商品開発などに取り組む小田原地魚大作戦協議会(田川修三会長)が、漁港で水揚げされた未利用・低利用魚を使った魚ナゲット「港のからあげクン」を開発した。3月26日(土)から4月3日(日)まで、小田原城址公園本丸広場で販売される。

この商品は行政や水産関係者による「小田原の魚ブランド化・消費拡大協議会」が地魚大作戦協議会に打診して生まれた。市場に流通しにくい未利用・低利用魚を活用しており、あまり知られていない地魚の美味しさを伝えるねらいもある。

昨年12月に発売された「港の飯どろぼう 地魚なめろう」「港のおしゃれ番長 地魚カルパッチョ」に続く商品。その時季に獲れる地魚を使用しており、田川会長は「柔らかい食感で、親しみやすい味付け。子どもから大人まで、魚が苦手な人も食べやすいのでは」と話す。

本丸広場では期間中、午前10時から午後6時まで販売する予定。数量限定のため、期間短縮や荒天時は実施しない場合あり。今後の販売方法などは現在、検討中という。

開催日

2022年3月26日(土)~2022年4月3日(日)
午前10時~午後6時まで販売(数量限定)

住所

神奈川県小田原市小田原城址公園本丸広場

公開日:2022-03-29

関連タグ