featureBanner

茅ヶ崎市の「キープレフトプロジェクト」が新デザインのプレートを制作

シェアする

自転車に「KEEP LEFT」のプレートを取り付け、左側通行を心掛けつつ交通安全につなげる「キープレフトプロジェクト」。このほど、茅ヶ崎在住の水彩画家・かとうくみさんがデザインを手掛けたプレート3種類が新たに誕生しました。

プロジェクトでは、2014年の発足以来、デザイン性の高いアルミ製のプレートの販売やオリジナルプレートをつくるワークショップ等を実施してきました。これまでに1万を超える自転車に取り付けられています。

かとうさんがデザインしたのは、烏帽子岩やサーファー等が描かれた茅ヶ崎をイメージさせる3種。かとうさんは、「茅ヶ崎を走る自転車に時々付いているこのプレートに、意識の高さとかっこよさを感じていました。描かせていただき感謝」と話しています。

同プロジェクト代表の南八重智子さんは、「自転車利用が多い茅ヶ崎から、左側通行の大切さが全国に広がることを願っている」と話しています。

プレートは1000円(税込)で、まちづくりスポット茅ヶ崎(浜見平11の1)ほかで販売中。詳細はウェブサイトで確認を(「キープレフトプロジェクト」で検索)。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市

問い合わせ

キープレフトプロジェクト

メールアドレス

plate@aloha-chigasaki.jp

公開日:2022-04-03

関連タグ

同じ特集の記事