釈迦の誕生祝う「花まつり」川崎市高津区ではお寺巡るスタンプラリー~景品やコンプリートは記念品も

シェアする

PR・イベントは終了しました。

各寺院で配られる台紙と地図

 4月8日はお釈迦様のお誕生日―。毎年この日の前後には、全国の寺院で生誕を祝う「花まつり」が催されている。

 高津区内では大蓮寺(久本)、龍台寺(久本)、明鏡寺(末長)、増福寺(末長)の4寺院を巡るスタンプラリーが、8日(金)から10日(日)に開催される。今回で5回目で、各日午前10時〜午後5時頃まで。

釈迦像に「甘茶」をかけて参拝する習わし

 花まつりでは、花で飾られたお堂に立つ釈迦像に「甘茶」をかけて参拝する習わしがある。これはお釈迦様が誕生した時に九頭の龍が現れ、甘露の雨を降らせたという伝説を模したもの。

甘茶は特異な甘さのあるヤマアジサイの変種で、加工により砂糖の数千倍ともいわれる甘味の強い成分が出るという。

スタンプラリーの発起人である大蓮寺の大橋雄人住職は「花まつりは(キリストの誕生を祝う)クリスマスに比べてあまり知られていないと感じていた。楽しみながら由来などを知ってもらえたら」と思いを話す。

釈迦像に甘茶をかける子どもたち=過去の様子

 期間中は各寺院を参拝すると景品がもらえるほか、全てのスタンプを集めるとコンプリート記念品も。分散型のイベントなので三密を回避しながら楽しめるのも特徴。2021年は4日間で500人以上が参加している。

大橋住職は「子どもたちも友達同士で回っており、イベントが地域になじんできたと感じる。この時期は引っ越してくる人もいるので、近所を知ってもらう機会になれば」と話す。

#4月8日はカレーを食べよう

 お釈迦様と同じく「インド生まれ」として近年、花まつりを盛り上げようと全国の僧侶が「4月8日はカレーを食べよう」とSNSなどで呼びかけている。今回は飲食店2店が協力。

 期間中にコンプリート台紙の持参で特典を用意している。「溝ノ口カレー」ではミニカレー1杯無料(1人1回、無くなり次第終了)、「ビストロ イチ」では、台紙1枚につき料理1品の注文でドリンク1杯が無料になる。

 新型コロナ感染症対策として、釈迦像への甘茶がけは希望者のみ。体調不良の際は参拝を控えることを呼びかけている。また、期間中、大蓮寺ではぬりえ企画などのイベントも。参拝と共に楽しんでみては。

開催日

2022年4月8日(金)~2022年4月10日(日)
午前10時~午後5時

住所

神奈川県川崎市高津区

■大蓮寺(久本2-8-5)
■龍台寺(久本2-12-23)
■明鏡寺(末長2-27-42)
■増福寺(末長2-34-8)

公開日:2022-04-05

関連タグ