惨禍を語り継ぐ「第11回中原空襲展」被災地図や当時の資料を展示@川崎市・中原市民館

シェアする

PR・イベントは終了しました。

証言をもとに描かれた多摩川の絵(同会会員制作)

 アメリカのB29爆撃機200機が川崎を襲った川崎大空襲から2022年4月15日で77年を迎えることを受け、中原市民会館で中原空襲展が行われる。

 4月15日から20日まで。午前10時から午後6時(20日は5時まで)。川崎中原の空襲・戦災を記録する会主催。入場無料。

「川崎・中原の空襲の記録」のダイジェスト版作成

 空襲体験の証言を基に作られ被災地図など20枚のパネルのほか、疎開先に届いた手紙など当時の資料を展示。中原区内の被災の様子を伝える。今回は「川崎・中原の空襲の記録」のダイジェスト版を作成した。

 問合せは同会の對馬(つしま)さん【電話】080・1324・0141

開催日

2022年4月15日(金)~2022年4月20日(水)
午前10時~午後6時
(4月20日は午後5時まで)

住所

神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1100-12 中原市民館

費用

入場無料

問い合わせ

對馬(つしま)さん

電話

080-1324-0141

080-1324-0141

公開日:2022-04-12

関連タグ