featureBanner

はだの丹沢クライミングパークに五輪レガシー銘板設置

シェアする
屋外に設置された銘板

秦野市は東京2020オリンピックのレガシーとして、はだの丹沢クライミングパーク(戸川1398番地)に「銘板」を設置しました。神奈川県内では他に県が藤沢市と葉山町に設置したほか、横浜市と相模原市が設置しています。

はだの丹沢クライミングパークでは、スポーツクライミング競技のアメリカ代表選手3人が事前キャンプの一環で練習を行ったことから、これを秦野市民の誇りとして後世に引き継ぐため、練習に参加した3選手の写真や大会での成績などを掲載しています。

秦野市は「東京2020大会で正式種目となったスポーツクライミングの事前キャンプが秦野で行われたことをオリンピックレガシーとして残し、施設を利用する子どもたちへ勇気と希望を伝えていきたい」と話しています。

また、当日の練習風景の写真や選手のサインなども、はだの丹沢クライミングパークで展示を行っています。

はだの丹沢クライミングパークのレポートはこちら

秦野山旅ページ

住所

神奈川県秦野市戸川1398番地 はだの丹沢クライミングパーク

公開日:2022-04-29

関連タグ

同じ特集の記事