麻生区の40年の記憶を作品にする講座「写真&エッセイを学び、思いを表現しよう」全6回

シェアする

 麻生区区制40周年記念事業として、麻生区の40年の記憶を作品にする講座が5月13日(金)から6月24日(金)まで全6回、麻生市民館で開催される。主催は川崎市教育委員会、実施は麻生市民館。参加無料。

 「写真&エッセイを学び、思いを表現しよう」と題し、地域目線で麻生区の40年を振り返る。第2弾となる今回は、専門の講師に文章や写真の撮影技術を学びながら、地域の景色の変化を写真で切り出し、暮らしの中で感じたことをエッセイで表現。完成した作品は、今年7月に開催される区制40周年の記念式典で展示する。

 日程は、5月13日・20日・27日・6月10日・17日・24日のいずれも金曜日。午後2時から4時。参加申込みは、同館HP。問い合わせは、同館【電話】044・951・1300。

開催日

2022年5月13日(金)~2022年6月24日(金)
全6回

住所

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-5-2

問い合わせ

麻生市民館

電話

044-951-1300

044-951-1300

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-01

関連タグ