川崎市多摩区生田緑地ばら苑「春の一般開放」【5月6日から】800種3300本が咲き誇る17日間

シェアする
緑に囲まれた春の苑内=2021年

 生田緑地ばら苑の「春の一般開放」が、連休明けの5月6日(金)から行われる。22日(日)までの17日間、約800種・約3300株のバラを楽しむことができる。

春の魅力の一つが「つるバラ」

 毎年春と秋に一般開放を行うばら苑。特に春は種類が多く、大輪や四季咲き中輪、ミニバラなど色とりどりのバラが咲き誇る。柱に沿って咲く「つるバラ」も春の魅力の一つだ。

 バラの手入れを担う「ばら苑ボランティア会」は、コロナのまん延防止等重点措置期間中は活動を休止し、4月に入ってから再開。感染対策のため午前中だけの活動だが、除草や植え替えに取り組んできた。前島誠一会長は「2022年は全体的にバラの調子がいい。見に来てもらえたら」と話す。

各種イベントは中止、苑内での食事禁止

 一般開放は、感染対策として各種イベントを中止し、苑内での食事は禁止する。平日は午前10時から午後4時30分(4時最終入苑)、土日は午前9時から。

 入園は無料で、バラ育成・管理のための募金を呼びかける。

 開苑期間中の問い合わせは【電話】044・978・5270。

開催日

2022年5月6日(金)~2022年5月22日(日)
平日:午前10時~午後4時30分(4時最終入苑)
土日:午前9時~午後4時30分(4時最終入苑)

住所

神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-2 生田緑地ばら苑

旧向ヶ丘遊園内

費用

入苑無料
(ばら苑募金をお願い)

問い合わせ

ばら苑管理事務所

電話

044-978-5270

044-978-5270

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-04

関連タグ