川崎市宮前区の八幡坂で52匹の鯉のぼりが泳ぐ【2022年5月末まで】近隣との交流のきっかけにも

シェアする
八幡坂で泳ぐ鯉のぼり

 宮前平駅から宮崎台方面へと上る八幡坂の途中に、鯉のぼりが泳いでいる。

 掲揚しているのは、子どもや高齢者施設などに音楽と笑顔を届ける「おとのわぐま」や「みやまえ子育てフェスタ」などの団体で活動し、「スージー」の愛称で親しまれる深川深雪さん宅。女系家族だった深川家に男の子が産まれた際に、深雪さんの父が購入した鯉のぼり。父が他界した7年前から深雪さんが受け継ぎ、小さな鯉のぼりを増やして泳がせている。その数は大小合わせて52匹になる。

 深雪さんは「目の前が保育園なので、通る子どもが喜んでくれる」とにこり。園長は「大きな鯉のぼりを揚げる家は今時珍しい。子どもだけでなく保護者も毎年楽しみにしており、近隣とのコミュニケーションのきっかけにもなっている」と感謝の気持ちを語る。

 鯉のぼりは5月末までの掲揚を予定。日没までで、雨天や強風時は中止。

開催日

2022年5月31日(火)

住所

神奈川県川崎市宮前区 八幡坂

宮前平駅から宮崎台方面へ上る坂

公開日:2022-05-06

関連タグ