横浜市戸塚区の小雀公園「花の湿地園」でカキツバタが見頃  5月上旬まで見頃

シェアする
カキツバタ写真(4月撮影)

ノアザミ、ホウチャクソウなども5月に見頃

 小雀公園(小雀町681の3)の「花の湿地園」では、カキツバタ=写真(4月撮影)=が見頃を迎えている。4月下旬あたりから咲き始め、5月上旬ごろを盛りに青紫の花を咲かせる。カキツバタは湿地に生える植物で、花の付け根に白い紋が現れるのが特徴。

 よく似た植物にアヤメとハナショウブがある。アヤメは乾燥した土地に生え、付け根が網目模様になっているのが特徴。ハナショウブの付け根は黄色い紋で、水に植わっているのは観賞のための演出だという。

 小雀公園ではこのほかにノアザミ、ホウチャクソウなどが5月に見頃を迎える。

 問い合わせは【電話】045・853・1945。

住所

神奈川県横浜市小雀町681の3

小雀公園

電話

045-853-1945

045-853-1945

公開日:2022-05-09

関連タグ