川崎市川崎区出身で沖縄を愛した詩人「佐藤惣之助」を紹介する展覧会@東海道かわさき宿交流館

シェアする

PR・イベントは終了しました。

惣之助直筆の短冊(手前)と原稿(奥)

6月26日(日)まで

 川崎区出身の詩人・作詞家、佐藤惣之助の人物像や多岐にわたる活動を紹介する展覧会が、東海道かわさき宿交流館(川崎区本町)で開催されている。6月26日(日)まで。

惣之助と『沖縄・川崎』展

 同展は「惣之助と『沖縄・川崎』」と銘打ち、惣之助が1922年(大正11年)に沖縄を訪問し、『琉球諸嶋風物詩集』などで沖縄文化を広め、川崎と沖縄の関係の礎の先駆けとなった功績を紹介する。沖縄・那覇市の首里城公園には1959年に川崎市などが寄贈した惣之助の詩碑が建てられている。碑が建てられた経緯や、除幕式の様子を伝える当時の新聞記事なども展示している。

多彩な活動

 同展は写真パネルや直筆原稿、約15分にまとめられた映像などで惣之助の活動を紹介。惣之助は『赤城の子守唄』『阪神タイガースの歌(六甲おろし)』などの作詞を手掛けたことで知られるが、俳句にはじまり、劇作家、詩、作詞と活動の幅を広げていった様子がうかがい知れる。

開催日

2022年5月8日(日)~2022年6月26日(日)
午前9時~午後5時
毎週月曜日休館

住所

神奈川県川崎市川崎区本町1-8-4 東海道かわさき宿交流館

3階展示室

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-19

関連タグ