川崎市高津区で「住」に関する様々なお悩み・ご相談をサポート「MREコンサルティング」プロフェッショナルチームで解決へと導きます!

シェアする

 MREコンサルタントの代表取締役・松元宏機さんは、「住」に関する様々な悩みや相談をサポートし続け約30年。過去に在籍した不動産企業などでの豊富な経験や実績を生かし同社を設立。

『災害』も『住』にとって大切なキーワード

 その当時、2019年の台風被害や昨今のコロナ禍、頻発する地震などの災害が「不動産の仕事から抜け落ちがちではないのか?」という思いに駆られたのだとか。

 「私はかなり以前より『ハザードマップ』や『アボイドマップ(浸水想定区域図)』など『住』に密接に関係したものは、マニアと言われてもいいぐらいに懇切丁寧に調べ上げ、お客さまに提供してきましたが、ようやく最近になって法整備が追いつき、災害関連の説明が義務化されました。『住』の中のキーワードに『災害』を取り入れたのは、そのような思いからです」。

  • 店頭では、いつ来てもおかしくない自然災害に備えて25年保存の備蓄食を販売している。(販売サイトはこちら

『住』にまつわる『ハブ』として役立ちたい

 さらに「『住』は私たちにとって必要不可欠なものです。しかし、その相談をしようと思っても、不動産屋に相談へ行くのは今も昔も変わらず勇気が要るものです(と、友人が言っておりました)。もっと気軽に相談できる窓口として様々な事象に対応するために、皆さまと『住』にまつわる各種専門性の高い仲間たちとの『ハブ』としてお役に立ちたいと考え、コンサルティングをメインとした『住』の窓口を開店しました」と不動産のプロとしての矜持を語る。

相続対策コンサルティング

松元代表

「『相続』を『争続』にしてはなりません。また、不動産知識に乏しい税理士や、能力の低い不動産屋に任せると、資産の目減りや不整形地の発現など、将来性のない結果となってしまいます。各種専門家と連携しながら「生前贈与」「不動産の法人化」「第三者へ売却」「家族信託」「遺言+後見」の5つをキーワードに、最良の方策を検討し、長期にわたりサポートいたします」。

宅地建物取引業免許:神奈川県知事(1)第30910号
宅地建物取引士 (東京)第136242号
公認不動産コンサルティングマスター (4)第27348号
賃貸不動産経営管理士 (3)第030939号
住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会) (5)第0706485号
不動産仲介士   第08-21004号
既存住宅アドバイザー  第13518080号
法務大臣認証裁判外紛争解決機関日本不動産仲裁機構ADRセンター調停人  第2007161239号
少額短期保険募集人 第AA007141号

住所

神奈川県川崎市高津区末長2丁目10-19

問い合わせ

MREコンサルティング

電話

044-872-9928

044-872-9928

(FAX)044-872-9927

メールアドレス

info@mre-consulting.co.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-26

関連タグ