川崎市岡本太郎美術館で常設展「太郎の創造展」下書きと完成作品を一緒に展示

シェアする
『天空に我あり』のドローイング(左)と完成作品

 川崎市岡本太郎美術館で2022年5月から、常設展「太郎の創造展―創らなければ、世界はあまりにも退屈だ」が開かれている。8月31日まで。

制作過程を紹介

 岡本氏が制作前に描いたドローイング(下書き)と完成作品が同時に並び、制作過程を紹介する同展。同館には約700点のドローイングが収蔵されており、今回は『マラソン』『死の灰』『天に舞う』などを展示する。特に点数が多いのが油彩『天空に我あり』のドローイングで、65点のうち4点を並べている。同館担当者は「試行錯誤した過程をみてほしい」と話す。

 このほか、岡本氏が使用した筆や油絵具、パレットなどの道具も展示。少年時代のエピソードや作品制作に込めた思いを会話形式のパネルで伝えている。

 要観覧料。中学生以下無料。6月25日から8月28日は企画展「小松美羽展 岡本太郎に挑む」も開催され、事前予約制となる。詳細は同館ウェブサイト。

 (問)【電話】044・900・9898

開催日

2022年5月12日(木)~2022年8月31日(水)

住所

神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 岡本太郎美術館

生田緑地内

問い合わせ

岡本太郎美術館

電話

044-900-9898

044-900-9898

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-06-03

関連タグ