抑制と分別が未来を変える― 「地域ぐるみ」が合言葉 株式会社高部金属【南足柄市】

シェアする
会社の公式キャラクター・バジ君はペンギンがモチーフ。「地球温暖化が進み、南極にペンギンが住めない環境にならないように」という願いが込められている

 足を踏み入れると遠くから「こんにちは」という明るい挨拶が返って来る。ここは建設・解体現場で発生する鉄スクラップや市民生活から排出される空き缶の再資源化などを主な業務とする株式会社高部金属(髙部伸一代表取締役)だ。将来的な資源の枯渇を防ぎ、今ある地球をよりよい形で次世代へつなぐという高い志が会社全体を貫き、活気にあふれている。

 循環型社会の形成は「個」で完結するものではなく「地域ぐるみ」が合言葉。廃棄物の発生を抑制した上で、消費者は分別排出、市町村は分別収集、そして事業者にはリサイクルが求められる。「地域で事業をやらせて頂いている者としての責任」を胸に、同社は随時工場見学を受け付け、環境保全に必要な情報発信に力を注ぐ。

 伝えたいのは、重機の大きさや環境に配慮した設備ではなく、作業内容やその意義。そして「一人ひとりの行動で未来は変わる」ということだ。

私たちの取り組むSDGs目標

SDGs特集ページへ

開催日

2022年6月11日(土)~2022年7月11日(月)

住所

神奈川県南足柄市中沼24

問い合わせ

株式会社高部金属

電話

0465-74-0694

0465-74-0694

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-06-11

関連タグ